8
2018 No.8

月刊ゴルフダイジェスト

定価 690円  2018年06月21日発売

  • 「狙ったところ」へ球が飛ぶ!

    『真っ芯』で打てるアイアン

    ↓
  • 実は「54度」が頼りになる

    80台へまっしぐら! 鉄壁のウェッジセッティング

    ↓
  • 芝が強い今はビッグキャリーが有利

    夏はでっかくハイボールで飛ばそう!

    ↓
  • リズムに乗れないときの脱出マニュアル!

    不惑のリズムを見つけに行こう

    ↓
  • その他の記事

    ↓

mgd18_8_①

ゴルフ人生が変わる「アイアン運命のインパクト」

なぜアマチュアはプロのように、アイアンでビシッと当てられないのか? 毎回、真っ芯で打てるようになるにはどうしたらいいのだろうか。アイアンと言えばダウンブローが基本と言われているが、インパクトを3D計測したら、一概にそれだけではないということが見えてきた。今回は芯を喰うための4大要素を徹底解析!(巻頭特集p18)

mgd18_8_③

100ヤード以内が楽しくなる! 上手くなる!

プロ・アマ問わず、100ヤード以内のショートゲームはスコアメークの生命線だ。100ヤード以内が上手くなるためには、PWの次に入れるウェッジは2本なのか? 3本なのか? 何度のロフトを入れればいいのか? そんなウェッジセッティングの疑問を徹底検証!(保存版)

mgd18_8_③

低弾道やニセ高弾道ではいつまでたっても飛ばないぞ

プロみたいな高い球が打ちたい! とは思っていてもアマチュアは依然として低いままだし、高くても飛ばない球だ。そもそもどうしてプロの弾道は高くなっているのか。そこで、松山英樹も憧れるというハイボールヒッター・兼本貴司プロに飛ばしの秘訣を聞いてみた。(カラー記事p197)

mgd18_8_④

今度こそ大ミスとこれでオサラバだ!

好スコアを出したプロがよく「今日はリズムが良かった」と話すシーンを見かけるが、そもそもリズムがいいってどういうこと? リズムがいいことでプレーに集中できて練習どうりのスウィングができて、疲れも感じないという。そんな良いことづくめのリズムについて研究しよう! (一色記事p61)

mgd18_8_mokuji

その他の記事

月刊ゴルフダイジェスト8月号はこんな話題も取り上げてます。
どうぞお楽しみ下さい。

■山坂コースのクラチャンに聞いた!
風もOBも怖くない!『打ち下し』のティショット

■【PRESENT】クラブハウスで差がつく!
トート&ボストン

■280ヤードかっ飛ばす驚異の女子高生!
笹生優花って何者だ?

mgd18_8_h

  • ご購入はこちら
  • 定期購読のご案内
  • バックナンバーはこちら
  • インフォメーション