8
2019 No.8

月刊ゴルフダイジェスト

定価 690円  2019年06月21日発売

  • 「当てる」から「当たる」へ

    ドライバーがブンブン振れる男になる!

    ↓
  • 飛ばし屋をギャフンと言わせよう!

    3打目勝負のウェッジワーク

    ↓
  • 名物D-1グランプリ前哨戦

    ヘッド速度『40m/s』で一番飛ぶドライバーはコレ!

    ↓
  • 気持ちよくクラブを振ろう!

    女子プロ「毎度250Y」のヒミツに迫る!

    ↓
  • その他の記事

    ↓

mgd1908①

目覚めよ! 「振るスウィング」

昔出来ていたことが出来なくなっていませんか? 昔は振れていたのに最近は振れなくなってきた。だから、インパクトで合わせてしまい、飛ばないし曲がってしまい飛距離も伸びない。でも大切なのは、振ったほうが飛んで曲がらないということ。「振るスウィング」のコツをつかんで、プラス20ヤードを目指そう!(巻頭記事P16)

mgd1908②

最新29モデルの性能も徹底チェックしました!

飛ばなくても、乗らなくても寄せワン連発! これならスコアも崩さない。計算された3打目を、いかにカップへ近づけるか、という道具がウェッジだ。アプローチの打ち方と自分にピッタリのギアがマッチすれば、あなたのウェッジワークはさらに進化する。今度こそ飛ばし屋をギャフンと言わせよう!(保存版P101)

mgd1908③

今年はどのドライバーが勝つのか?

月刊GD恒例企画、一番飛ぶドライバーを決める「D-1グランプリ」が今年も開催。今月はその前哨戦ともいえる「ヘッド速度『40m/s』以下」のD-1を開催したぞ。今年勝つのは、強い弾道の浅重心か? それとも球が上がりやすい深重心なのか?(カラー記事P85)

mgd1908④

女子プロはカラダを「開いて」打っていた

女子プロたちは年々飛距離を伸ばしている。いったいその秘密はどこにあるのか。今回も毎年恒例PRGRレディスでの女子プロのスウィング&弾道測定を行った。最先端の解析器で女子プロのスウィングを丸ハダカにして、彼女たちの秘密に迫った!(カラー記事P9)

mgd1908mokuji

その他の記事

月刊ゴルフダイジェスト8月号はこんな話題も取り上げてます。
どうぞお楽しみ下さい。


■知らない間に超進化!
最新「レインウェア」が快適すぎる


■にっぽんゴルフ漫遊記
標高1200m超! この夏天空のゴルフ場へ出掛けよう!


■本番に強くなるレッスン3本立て!
●ドライバーもアイアンも「短く」持ったらビシッと打てた
●「斜面」からの100ヤード
●林の中からミラクルショット!

mgd19_8月号_h

  • ご購入はこちら
  • 定期購読のご案内
  • バックナンバーはこちら
  • インフォメーション