VOL.3
2011 SUMMER

ゴルフダイジェスト・トラベラー

特別定価 400円  2011年06月01日発売

  • 今年の夏ゴルフはどこで楽しむ?

    眠らない街、マカオで至福を味わう

    ↓
  • アメリカ・ユタ州南部の旅

    広大で美しい大地でプレーする醍醐味

    ↓
  • 暑さ知らずの北海道でリゾート&ゴルフ

    リッチな夏ゴルフを楽しむなら、やっぱり北海道

    ↓
  • 探訪! ゴルフの歴史

    賭けゴルフで生計を立てた伝説の男

    ↓
  • その他の記事

    ↓

gdt3_1

世界文化遺産と食、そしてゴルフ

ポルトガル統治時代の歴史的遺構が点在し、数多くの世界文化遺産を堪能できる文化の街マカオ。東西の文化が、ごく自然と融合している風景も魅力。その一方で、「東洋のラスベガス」と称され、“アジアの不夜城”という側面も持つマカオ。日々変貌するこの街の魅力を探ってみた。(巻頭特集 p16)

gdt3_2

ゴルファーの心を鷲掴みにする本格的なチャンピオンコース

ユタ州南部の土地は、そのほとんどが砂岩の景観だが、その地形、地質を利用したゴルフコースは、見事なまでに戦略的で美しい。その広大で雄大な空間でのプレーは、得難い特別な経験となることだろう。(巻頭特集 p24)

gdt3_3

大自然の懐に抱かれたゴルファーのオアシス

暑さ知らずに、リッチな夏ゴルフを楽しみたいなら北海道に限る。新千歳空港から少し離れて、観光地として知られる小樽まで足を運んでみるのも乙なもの。都会の暑さを忘れてしまう別天地である北海道で、面白みのあるコースを回るのもゴルファー冥利に尽きる。(巻頭特集 p34)

gdt3_4

沖縄で「伝説のゴルファー」と呼ばれた“宇良宗哲”

競技ゴルファーではなくギャンブラーを貫き通した男、宇良宗哲。賭けゴルフはいわずもがな違法行為であるが、「誤解を恐れずに言えば、ゴルフをスポーツと思ったことはない。生活の一部だ」と生前語っていた。(カラー記事 p46)

その他の記事

その他の記事

GOLF DIGEST Traveler VOL.3はこんな話題も取り上げてます。
どうぞお楽しみ下さい。

■タイガーを指導した名コーチに学ぶ本格ゴルフ

■「人生でここだけは回っておきたい」
パシフィック・デューンズ(バンドン/オレゴン)

gdt3_h

  • ご購入はこちら
  • 定期購読のご案内
  • バックナンバーはこちら
  • インフォメーション