8|1
2017 No.29

週刊ゴルフダイジェスト

特別定価 430円  2017年07月18日発売

  • 今すぐ使える! 松山英樹も使っているパット練習器具

    デーブ・ぺルツ直伝『パッティングチューター』

    ↓
  • フェースはつねに閉じ気味

    これが今どきの『左手リード』

    ↓
  • ゴルフのイライラをスカッと解消!

    「アンガーマネジメント」でスコアアップ

    ↓
  • 正しく飲んで熱中症を予防しよう!

    トッププロたちはどんなドリンクを飲んでいるのか

    ↓
  • その他の記事

    ↓

wgd170801①

これでアナタもパット名人になれるかも?

ミケルソンも教わった世界一のパットの先生、デーブ・ぺルツいわく、パッティングにはストロークの実に43%を占めるという。『入れごろ外しごろ』をいかに沈めるかでスコアは大きく違ってくる。今回は芯に当たって3メートルが入り出すパット教室&ぺルツ氏が開発した「パッティング・チューター」のお試し版が特別付録つきの連動企画をお届け!(カラー記事P99&特別付録)

wgd170801②

進化したのはココだった!

昔も今も「左手リード」はアプローチからドライバーまで共通で、重要なファクターであることは間違いない。だがそのスウィングの要「左手リード」がドライバーの場合だけ「ある変化」が起こっているという。どう進化したのか、とことん突き詰めてみたぞ。(巻頭記事P27)

wgd170801③

「怒り」をコントロールしよう

最近、いろいろなニュースで「怒り」の感情をコントロールできないような方が取り上げられている。不安が大きいほど怒りも大きくなる。皆さんも自身を振り返って思い当たる節があるではないだろうか。実はこの「怒り」こそが、あなたのゴルフの邪魔をしている可能性があるのです! 詳しい対策方法を専門家に聞いてみた。(一色記事P48)

wgd170801④

スポーツドリンクに秘められた驚異のチカラ

夏のゴルフはスコアだけじゃなく、強い日差しと地面からの照り返しも気にしなければならない。そんなときプロやトップアスリートも頼りにするスポーツドリンクが強い味方になる。熱中症や脱水症状を起こさないためにも知っておきたい予備知識を週ゴルが伝授します!(カラー記事P163)

wgd170801mokuji

その他の記事

週刊ゴルフダイジェスト8/1号はこんな話題も取り上げてます。
どうぞお楽しみ下さい。

■そうだったのか!
『夏の14本』上手い人は季節でクラブを替えている

■風のロイヤルバークデールを制するのは?
「ボール目線」の優勝予想

■2週連続特集!
A・マッケンジーに学ぶベストルートの探し方

wgd170801h

  • 定期購読のご案内
  • バックナンバーはこちら
  • 電子版のご案内
  • インフォメーション