10|30
2018 No.41

週刊ゴルフダイジェスト

定価 450円  2018年10月16日発売

  • 脱・手打ち!

    腕は『上から下』が正解です!

    ↓
  • 注目9モデルを徹底検証

    最新ドライバー大研究!

    ↓
  • テークバックにお悩みならば

    トップの悩みは高松志門に聞いてみよう!

    ↓
  • アツアツ満腹!だれが呼んだか『AKY』

    魅惑のあんかけ焼きそば物語

    ↓
  • その他の記事

    ↓

wgd181030①

一生懸命ヨコに動かしていませんか?

飛距離が出ないと悩むゴルファーは多い。飛距離アップを目指すために大切なことは、小手先で打つ手打ちではなく、しっかりと『腕を振る』ことだ。だが、多くのゴルファーが自分では腕を振っているつもりなのに飛距離アップできないことに頭をかかえている。今回は飛距離が出る腕の振り方『上から下』を覚えて、今度こそ飛距離アップを達成しよう!(巻頭記事P31)

wgd181030②

飛ぶウワサは本当なのか?

ヘッドの構造を変えて、フェースの反発を限界まで高め、飛ばしたいというゴルファーの夢を叶えてくれるクラブたち。その最新テクノロジーは本当に飛びにつながっているのだろうか? 秋の最新ドライバーが飛ぶとの噂を聞きつけて、さっそくヘッドスピード別に打ち比べてみたぞ! 自分にピッタリのドライバーを見つけよう!(特別付録P103)

wgd181030③

スウィングはトップで決まるんです!

ついつい飛ばしたい! とドライバーを振り回してしまい、オーバースウィングやシャフトクロスになっていませんか? そんな悩みは高松志門プロにおまかせしましょう! 最近、志門流に仲間入りした池内絵梨藻プロもオーバースウィングを直したらショットが見違えるほど安定したという。みなさんもトップの位置を直してナイスショットを手に入れよう!(カラー記事P103)

wgd181030④

きっかけは小樽のソウルフード

決して華やかではないけれど、たまに食べたくなる不思議なメニューA『AKY』ことあんかけ焼きそば。カレーやとんかつほど定番ではないが、なぜかコースのメニューに載っていることが多い。麺に絡みつくアツアツのトロトロな餡が、これからの季節にぴったり。今回はあんかけ焼きそばの元祖から最新の進化系まで大特集。(カラー記事P175)

wgd181030mokuji

その他の記事

週刊ゴルフダイジェスト10/30号はこんな話題も取り上げてます。
どうぞお楽しみ下さい。


■星野陸也300ヤードの秘密に迫る!
『あっち向いてビュン!』


■これは曲がらない!
永井延宏の「パット感覚」スウィング


■この秋こそ挑戦したい
難しいけど面白い!「戦略的コース20」

wgd181030h

  • 定期購読のご案内
  • バックナンバーはこちら
  • インフォメーション